子供の頃に大きく身長を伸ばす成長ホルモンですが、大人になると骨や筋肉を作る重要な働きがあるのです。肌がくすんだような状態になって活力が無いように見えるのは、成長ホルモンが上手く働いていない原因かもしれません。
二十歳を過ぎても身長が伸びる人がいるように、成長ホルモンも年齢に関係なく有効に体の中に働くのです。これを活性化させるために毎日温かいお風呂に入って血流の流れを促進させ、タンパク質やミネラル類を十分に補給する生活が必要なのです。

アーカイブ

カテゴリー

ページ